次世代住宅ポイントをもらったらどうする?ポイント付与後にすべきこと

2019年10月の増税タイミングに合わせ、住宅の新築またはリフォームを行った方対象にポイントが付与される「次世代住宅ポイント制度」が施行されます。

より耐震性やバリアフリー性能に優れた住宅の増加・普及を見込んで制定された次世代住宅ポイント制度ですが、条件に見合った新築またはリフォーム物件を申請した場合、付与されたポイントはどのように利用すればいいのでしょうか?

こちらの記事では、次世代住宅ポイントを申請し、ポイントが付与されたあと、利用するためにすべきことについて解説します。

次世代住宅ポイントはどうしたらもらえるの?

耐震性やバリアフリー性能に優れている、各種条件に見合った新築またはリフォーム物件を申請することでもらえる次世代住宅ポイント。

新築か、またはリフォーム物件であるかによっても、申請方法や付与ポイント数が変動します。以下のページで詳しく解説しているので、確認してみてください。

>>>次世代住宅とは?該当する4つの性能や、35万円分のポイントをもらう方法などを解説

原則は、公式ホームページから必要書類をダウンロードし、受付窓口へ郵送または直接持参することで受理されます。審査があり、無事に通過すれば規定のポイント数が付与される仕組みです。

ですが、ポイントが付与されからといって、そのまま放置してしまうといつまでも利用することはできません。次世代住宅ポイントは豪華商品と交換できるお得なポイントなので、付与されたことを確認したら、次のステップへ進みましょう。

次世代住宅ポイントが付与されたあとにすべきこと

次世代住宅ポイントが付与されたあとにすべきことは、主に以下の3つです。

  1. 交換したい商品を選択する
  2. 商品の交換申請をする
  3. 発送事業者から送られてくるのを待つ

交換したい商品を選択する

次世代住宅ポイントは、あらかじめ規定された豪華商品と交換することができます。

ポイントの有効期限は、2019年8月現在、2020年6月30日までと予定されているので、この期限を超えないように注意しましょう。

交換できる商品は、家電や日用品・食品など多岐にわたっており、あらゆる種類の中から選択することができます。

住ポの商品一覧ページで紹介しているので、使いやすそうな商品を選んでみてください。

商品の交換申請をする

希望の商品を決定したら、次は商品の交換申請をします。

2019年8月現在、申請先は次世代住宅ポイント制度事務局とされていますが、今後変更される場合も考えられますので、申請前に確認することをおすすめします。

発送事業者から送られてくるのを待つ

商品の交換申請が完了したら、あとは発送事業者から希望商品が送られてくるのを待つだけです。
万一、しばらく音沙汰がないようであれば、申請先の公式事務局へ問合わせてみましょう。

まとめ:次世代住宅ポイントを有効活用しよう!豪華商品と交換申請

次世代住宅ポイントを申請し、ポイントが付与されたあとにすべき手続きについてまとめました。

現状、別々に発行されたポイントの合算は不可、現金と合わせて使用することはできないなど、細かい規約が存在します。

新築またはリフォームを検討されている方、すでに工事進行中の方など、事前に「次世代住宅ポイント制度公式ホームページ」にて、詳細を確認されることをおすすめします!